排水管の水漏れの原因と修理方法

排水管の水漏れの原因と修理方法 生活していると排水管から水漏れが起きることがあります。詰まりや破損によって起きるので、早めに修理した方が良いのは当然です。水漏れの被害が小さければ自分で修理できるかもしれませんが、自分では無理であれば業者に依頼することになります。水漏れ修理は、何が原因かによってもその方法は違います。また、場所によって被害の種類も異なります。そのため、ここでは水漏れにはどのような原因があり、どのように修理するのかを紹介します。

■よくあるトラブル

トラブルが起きる場所として多いのは水道です。お風呂の水が流れにくくなった、シャワーから漏れる、キッチンの蛇口から漏れるなどのトラブルが考えられます。このようなケースであれば、水道 修理となるでしょう。水道のトラブルは、パッキンなどが劣化して漏れる場合も多いので、部品交換だけで済むこともあります。
次に多いのがトイレであり、詰まって流れなくなるトラブルが起こります。これはトイレの下水の排水溝に原因があります。詰まっていれば詰まりを解消しますが、下水管が破損しているとなれば交換が必要です。同様にお風呂の排水溝が詰まるという症状もあります。詰まることで水が流れなくなりますが、原因はお風呂の下水に何か流して詰まらせてしまったことが考えられます。

■排水管の水漏れの原因と調査
排水管は水を多く使う部分なので、時間と共に劣化して漏れやすくなります。水漏れが起きる原因は、老朽化による腐食や継ぎ目が緩むことです。漏れる程度が少しであればテープでふさぐなどして修理可能ですが、程度が大きくなれば排水管交換など大がかりな工事が必要になります。排水管の漏れは、外から見ただけではわからない場合もあり、必要によってはカメラを使って内部を点検します。また状態がよく分からない、詰まっているとなると、業者では高圧洗浄機などの機械も使用します。
定期的に掃除するとある程度水漏れを防げます。日頃から掃除すると詰まりも起きにくく、水漏れが発生しても修理費用は安く済みます。ただ自分で修理しても再度漏れることも多いので、少しでも排水管に異常が見られれば、早めに業者に依頼することをおすすめします。自分で修理すると一時的に直ったと思っても再度水が漏れて、余計に被害が酷くなるかもしれないので、安易な修理はおすすめできません。

■水漏れの修理方法

排水管に異常がないにも関わらず水が漏れている場合、詰まっている可能性が高いです。業者に修理を依頼すると、高圧洗浄により内部を洗浄し、ワイヤーや電動トレーラーという棒状のものを使って詰まった異物を取り除きます。また管がずれていて水が漏れる場合は、ずれをなくす修理、さらにはボルトなどの交換を行います。ずれているだけなら自分でも直せますが、漏れが再発することも多いので、業者に修理を依頼した方が良いです。
排水管が破損していれば交換が必要です。交換では最初に元栓や止水栓を止めて水が流れないようにしてから交換します。小さな破損で漏れているような場合でも、破損を埋めて修理せず交換することも多いです。排水管交換となると、水回りの場所となるので、パッキンやナット、ボルトなども劣化していることも多いです。そのため、新品に取り替えるばかりでなく付随する部品も一緒に交換します。

■まとめ
水漏れは一度起こると、日頃使えていた蛇口や排水口が使えなくなるので、生活をする上では不便が多いです。また、どこから水が漏れているのか、原因が何か自分ではわからないような場合もあり、確実に修理するなら業者に依頼するのが良いでしょう。放置するとどんどん程度が酷くなり修理費用もかさむので、見つけたら早めに業者に依頼することをおすすめします。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース